宮古島で食べたい美味しいグルメ

近海の島だこを使うタコ料理

宮古島近海で捕れる島ダコは非常に柔らかく、その味わい深さに驚かされます。宮古島では、お盆やお正月など大勢の人が集まる時のご馳走にタコ料理が欠かせないそうです。タコ料理の中でも最もメジヤーなのがタコ丼です。タコの素材の味を生かすために、調味料はシンプルにほんのすこしにしてあります。次に、タコ炒めそばです。宮古そばに乗っているのは三枚肉でもソーキでもなくタコなのです。炒めた野菜の甘さとタコの旨味がじわじわとスープに溶け込んで、思わずスープを最後まで飲みきってしまいます。他にもタコフライ、タコ飯、タコ入りチャンプルーなど、タコ料理は盛りだくさんです。
宮古島のタコが柔らかいのは、茹で方に秘密があるようで、詳しくは島の人に聞くしかありません。

宮古島ならではの珍味にチャレンジ

宮古島ならではの珍味はいくつかありますが、まず試したいのはヤギソバです。宮古島で育ったヤギの肉を使っています。ヤギ独特の臭みを消すために、餌から気を配り、トウモロコシやハーブを食べさせています。さらに、柔らかい肉になるように、牧場で様々な研究がされているので、とても美味しくいただけます。また、ナマコ炒めもゼフチャレンジしたいところです。油炒めや味噌炒めツナ炒めなど、お店によっていろんな調理法があるので好きな味付けを試してみましょう。イラブー(ウミヘビ)も有名な珍味です。イラブー汁はかつて高級な宮廷料理として知られていましたが、最近では一般人も食べられるようになってきました。手間暇かけて下処理されるイラブー汁は、意外とさっぱりとした味でブリの煮付けのような食感です。

西表島のツアーは緑や海や空がきれいで癒されます。貴重な動物や植物が見れたり、思い出に残ることでしょう。暖かいので、気持ちも穏やかとなり人気があるツアーです。